« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月25日 (日)

【クローズアップ】雪3題

昨年7月5日の特集「雨にまつわる曲」ご好評(?)につき、今回は季節がら雪でいってみましょう。

雪の光/福原美穂

51tj03s2csl__ss500_ 1月28日発売、待望のファーストアルバム「RAINBOW」収録曲、先行リリース花王「アジエンス」のCM採用曲でもあります。温かみのある歌詞にスケールの大きさが感じられるメロディと歌声が乗り、上出来の仕上がりをみせていますねぇ。歌詞はこちら、試聴とダウンロードはこちら、2月19日までの期間限定配信プロモーションビデオはこちらになります。PV監督久保茂昭氏の作品、素晴らしいです。さて、次の雪はこちらです。

雪の華/中島美嘉

51isdnreojl__ss500_ 明治[boda]&[galbo]TV-CFソングであると共に中島美嘉の代表曲ですね。徳永英明はじめ、たくさんの人がカバー出してます。その中でヘイリー試聴してみてください。「流星の絆」(2008年、TBS)の主題歌「ORION」のヒットも記憶に新しいところです。と、2曲続けて雪の曲、とんとんと続けて出てきましたが、あと1曲がなかなか出てこない。悶々とするうちにはたと浮かんだのがこれ。

be alive/小柳ゆき

51kv6f7qaml__ss500_ とんだゆき違いですが、僕の「敬愛する女性歌手」が3人出そろいました。お後がよろしいようで・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

ラブシャッフル(TBS)

Photo 2009年第一弾は、脚本家野島伸司氏にスポットを当ててみたいと思います。古いところでは「101回目のプロポーズ」(1991年、CX)、あとは「高校教師」(1993年、TBS)や「ひとつ屋根の下」(1993年、CX)、「家なき子」(1994年、日テレ)といった問題作、話題作を手がけていますね。もう一つの特徴は、割とポピュラーな洋楽をドラマのテーマ曲に採用し、リバイバルヒットさせる立役者という側面も持ち合わせています。カーペンターズしかり、アバしかりといったところでしょうか。今回ご紹介する新ドラマではこの曲が採り上げられています。

宇宙のファンタジー/アース・ウィンド・アンド・ファイアー

70年代に黄金期を築いたファンクミュージックバンドEW&F、独自の音楽観を持ちつつもわかりやすく乗りのよい曲を提供してくれたことが多くのファンの心をつかんだ要因ではないでしょうか。当ブログでも「セプテンバー」に続き、2度目の登場となります。挿入曲としては「電車男」(2005年、CX)でも使用されていました。歌詞はこちら、試聴とダウンロードはこちらです。

このブログの原点ともいえる初回記事「あいくるしい」(=「ベンのテーマ」)も野島作品なのでありました。

(2009年1月25日追伸です)ドラマ挿入曲、バングルスの「胸いっぱいの愛 」もいい曲ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »