« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月25日 (土)

冬季オリンピック

女子フィギュア荒川静香の金メダル獲得で一矢報いた日本勢、そんなトリノ五輪もまもなく閉幕を迎えようとしています。そこで今回は冬季オリンピックにちなんだ音楽を振り返ってみたいと思います。

a007 まず思いつくのは1968年グルノーブル大会、記録映画の音楽はフランシス・レイの手による「白い恋人たち」です。どちらかというと今では、石屋製菓のお菓子(白い恋人)の方が有名になってしまいましたね(笑)。

栄光をめざして/チャック・マンジョーネ

原題は「Give It All You Got」、1980年レイクプラシッド大会の公式テーマ曲になっていました。とにかくかっこいいのひとことです。26年後の今聴いても新鮮ですね。アダルトオリエンテッド系のジャズ&フュージョンといったところでしょうか。いい音質で試聴ができるのはこちら

1972年札幌オリンピックの「虹と雪のバラード(トワ・エ・モワ)」も、私としては懐かしさがこみ上げてくる名曲であります。

↓最近沈滞気味です↓

ブログランキングranQ

ブログ検索

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月18日 (土)

【この映画】マイ・ガール2

チャーリー・チャップリンは数々の名作を残しましたが、映画音楽における美しい曲も彼の手によるものです。中でも「ライムライト」のテーマ曲そして「モダン・タイムス」の中で使われた「スマイル」は秀逸ですねぇ。切なくも美しく、心に響くというんでしょうか。今回はこの「スマイル」という曲について、注目してみたいと思います。

スマイル/noon

ジャズボーカリストnoonが最近出した、3rdアルバム「Smilin'」の中のメイン曲として採用されています。このnoonというシンガー、昨年12月25日の記事中でも少し触れていますが、少しアンニュイな歌い方が、聴く側にもリラックス感を与えてくれていいんですねぇ。ダウンロードはこちらになります。

P1_G3237711E そして【この映画】につながるわけですが、「マイ・ガール」というザ・テンプテーションズのヒット曲(1964年)そのままが映画のタイトルになってます。「マイ・ガール2」(1994年)、10年くらい前、清里の名画喫茶のようなところで偶然観ました。映画の中で実に効果的かつ印象的に歌われていたのがこの「スマイル」なんです。ただしサウンドトラックにはなっていなかったので確認するのに苦労しました。ちなみにサウンドトラックの試聴はこちらです。

ドラマ、CM関連でも、明石家さんま、木村拓哉ら出演の「空から降る一億の星」(2002年、CX)およびCDアルバム「ホエン・アイ・ワズ・クルーエル」のCMではエルヴィス・コステロバージョンで聴くことができました。試聴およびダウンロードできるサイトはこちらです。

というわけで僕自身、映画の再視聴を含めスマイル三昧で過ごした今日一日でした。

↓ネットラジオがライバルです↓

ブログランキングranQ

ブログ検索

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月12日 (日)

ジブラルタ生命

torino_title02 トリノオリンピックの開会式でジョン・レノンのイマジンが歌われ、オノ・ヨーコが出てきたことを受けまして、ジョン・レノンの曲、紹介したいと思います。去年7月1日に引き続きジョンの本ブログ登場2回目になります。

ウーマン/ジョン・レノン

ジブラルタ生命のCMで流れてます。ジブラルタロックっていうなんか有名な岩があるようです。

それにしてもジャンプの原田、スキーの長さが規定オーバーのため予選失格になったとか。お騒がせ男健在といったところでしょうか。

↓気が向いたら見てください↓

ブログランキングranQ

ブログ検索

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年2月 5日 (日)

【クローズアップ】シカゴ

264 ブラスロックの盟主、シカゴをクローズアップしてみたいと思います。1967年結成、70年バンド名をシカゴと改名して以来今日に至るまで、現役で活躍しているなんて「すごい」の一言で言い表せないくらいのものがありますね。数あるヒット曲の中で、個人的には「サタデー・イン・ザ・パーク」を好んで聴いていたのですが、改めて「シカゴマイベスト3」を選んでみました。

テレビドラマ、CMの分野で使われていたシカゴの曲はこれです。

素直になれなくて/シカゴ

1982年の作品ですが、鈴木保奈美主演の「恋人よ」(1995年、CX)、「雪肌精」(2000年、コーセー)でカバーされてました。また「サタデー・イン・ザ・パーク」は2001年にトヨタブレビスのCMで使われていました。試聴はこちらのサイト(ディスク2-7、1-10)でできます。

今年、実に15年ぶりとなる新作スタジオアルバム「Chicago 30」が発売になるので期待したいと思います。

↓このところ調子いいっす↓

ブログランキングranQ

ブログ検索

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »